PR

喜多町(きたまち)だんじり 屋台蔵

愛媛のいいとこ教えます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

喜多町だんじり屋台蔵

シャッターに描かれている図柄は、法被とお揃いになっていますね。

シブいです。

ちなみに平成24年(2012)に集会所とともに新築されています。

喜多町だんじりの歴史

喜多町だんじりは、藩政期からの歴史があり天明六年(1786)の『磯野歳番諸事日記』の「御渡行列式」に北町として記録されています。

明屋敷屋台と呼ばれていたこともあるそうです。

喜多町は明屋敷分(旧武家屋敷)の飛び地であったのですが、武家屋敷地区にもだんじりがあったのですね。

喜多町だんじり屋台蔵はどこにあるの?

喜多町の歴史

喜多町は西条藩時代は歩町と呼ばれ、下級武士が居住していた地域だったそうです。

そのため現在も明屋敷番地となっています。

元々は上歩町、下歩町と呼ばれており、現在の集会所兼屋台蔵のある交差点の南が上歩町。

北が下歩町だったのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました